ストレス解消で血液サラサラ

ストレスが溜まっているとイライラするなど、それだけでも弊害がありますが、血液にも影響することをご存知でしょうか。実はストレスが蓄積した状態というのは、ドロドロ血液の原因になってしまうのです。ここではいったいどうしてストレスがドロドロ血液になるのか、どうストレスと向き合えばいいのかを解説していますので、参考情報としてお役立てください。

 

ストレスがドロドロ血液になるのはなぜ?

 

ストレスを感知すると自律神経の作用により、ホルモンの一種であるアドレナリンなどが血中に分泌されます。

 

これにより心臓の動きが促進されて、さらには血管収縮作用がもたらされて血圧が高まります。それから、アドレナリンの影響を受けた血球が活発化し、血液の粘度が高まってしまうのです。そして結果的にドロドロの血液に変わってしまうというわけです。

 

効果的なストレス対策

 

ストレスを溜めないようにしようというのはもはや不可能な話であり、大事なのはいかにしてストレスをコントロールするかという点です。

 

日常生活でストレスを感じる場面は多くありますが、溜め込まないための方法をいくつか持っておくのがおすすめです。

 

たとえば体を動かす、カラオケに行く、映画やドラマを見て泣く、十分な時間眠る、アロマでリラックスするといった具合に、ストレスを取り除いたり和らげる方法を取り入れると、溜め込まずに済みます。

 

また、ストレスは栄養バランスが乱れていると蓄積しやすくなりますので、食事内容に気を遣うことも大切です。