ナットウキナーゼで血液サラサラ

血液サラサラに効果的とされている栄養成分などはいろいろとありますが、代表的なものの一つとしてナットウキナーゼがあります。

 

これは納豆菌によりつくり出される酵素のことですが、どうして血液をサラサラにするのに有効なのでしょうか。

 

ここではナットウキナーゼがドロドロ血液にならないために良い理由と、豊富に含まれている食品について取り上げていますので、参考情報としてお役立てください。

 

ナットウキナーゼが血液をサラサラにするのはなぜ?

 

納豆菌が生み出す酵素のナットウキナーゼが血液をサラサラにするのは、摂取することにより血栓溶解作用がもたらされるためです。

 

ドロドロ血液の状態だと血栓がつくり出されやすくなりますが、これは血管の詰まりの原因となり、命を落とすことにもなりかねない脳梗塞や心筋梗塞などの原因となります。

 

この血栓をナットウキナーゼが溶かしてくれますので、サラサラ血液へと導かれるわけです。なお、血栓溶解作用としては、ナットウキナーゼほど強力なものはないとまでいわれています。

 

ナットウキナーゼが含まれている食品はどれ?

 

ナットウキナーゼはこの名称にもあるとおり、発酵食品の納豆に豊富に含まれています。納豆に含まれるナットウキナーゼの量は、発酵するほど多くなるといわれています。

 

血液サラサラ効果を狙って納豆を食べるのを習慣化しようという人は、賞味期限が切れる直前に摂るようにすれば、より多くのナットウキナーゼを摂ることができるでしょう。