薬で血液サラサラ

食事をはじめとする生活習慣の見直しだけでは、思うように血液がサラサラにならない場合があります。そして、そのままだと病気を招くリスクがある場合などは、薬の力に頼ることになるケースもあるのです。

 

ここでは血液をサラサラにする薬としてどんなものがあるのか、また気をつけなければいけないことに何があるのかを解説します。

 

薬の種類

 

血液サラサラ効果が得られる薬は、大きくわけて2種類あります。抗血小板薬と抗凝固薬があり、前者にはアスピリンなどの種類があります。

 

一方、後者に該当するものとして代表的なのはワルファリンなどです。心臓や血管の病気を引き起こしていて、血液が固まりやすくなっている場合に使用されることがあります。

 

薬の注意点

 

抗凝固薬であるワルファリンは、ビタミンKの作用を抑制することにより血液をサラサラにするという特徴があります。

 

血液サラサラ効果をもたらしてくれる食品の代表格ともいえるものとして、納豆が挙げられますが、これにはビタミンKが含まれているのです。

 

そのため、血液をサラサラにするためといって納豆をはじめとするビタミンKが含まれている食品を多量に摂ると、ワルファリンの効果を妨げてしまうことになります。

 

また、抗血小板薬も抗凝固薬も血液が固まるのを抑えるものですので、出血があった際には止血しにくくなるため注意が必要です。

 

そのほか、薬を使用する場合は多少なりとも副作用のリスクがあり、頭痛、動悸といった比較的軽いものから、意識障害、胃潰瘍、頭蓋出血や消化管出血といった深刻なトラブルを招くものまでいろいろあります。