漢方で血液サラサラ

多くの血液をサラサラにする方法が各メディアで取り上げられていますが、その中の一つとして漢方を挙げることができます。

 

漢方におけるドロドロ血液の考え方や、どのような効果が期待できるのかをわかりやすくまとめていますので、お役に立てていただけると幸いです。

 

漢方におけるドロドロ血液

 

漢方でドロドロ血液のことはお血(けつ)と呼びます。

 

体の中の血液の流れが悪くなっている状態のことをお血といい、隅々にまで血液が流れなかったり、血栓がつくり出されてしまい生活習慣病を引き起こすリスクがお血にはあるのです。

 

食事のバランスに気をつけたり、体を動かす習慣を付けたり、ストレスを溜め込まないようにするなどの対策がお血に効果的ですが、漢方を使った対策も取り入れるとより効果的といえるでしょう。

 

漢方の効果

 

漢方薬と一口にいってもさまざまな種類がありますが、血液サラサラ効果が期待できるものだと血管を拡張したり、血栓がつくり出されないようにしたり、血液の粘度を低くすることが可能です。

 

なお、漢方薬というと効果がおだやかで、長期的に続けなければいけないと思っている人もいるでしょうが、いま手に入るものの中には即効性を期待できるものもあります。

 

また、医薬品と異なり、漢方薬の場合には比較的副作用が少ないというメリットもあるのです。お血を改善し、サラサラな血液を目指したいという人は、漢方を取り入れてみてはいかがでしょうか。