ビタミンEで血液サラサラ

栄養成分としては有名なビタミン類の中にも、血液サラサラ効果が期待できるものがいくつかあります。その中の一つとしてビタミンEがあるわけですが、どうして血液をサラサラにしてくれるのでしょうか。

 

ここではこの栄養成分が血液をサラサラにする理由と、豊富に含まれている食品についてわかりやすくまとめていますので、参考情報としてお役立てください。

 

ビタミンEが血液をサラサラにするのはなぜ?

 

ビタミンEを摂ることによりサラサラ血液になる理由は、この栄養成分が抗酸化力に優れているためです。血液中に含まれる悪玉コレステロールの酸化が起こると最終的には動脈硬化を招いてしまいます。ビタミンEがこのコレステロールの酸化を抑制してくれるため、血液をサラサラにする対策に効果的なのです。

 

ドロドロ血液が原因で起こる動脈硬化をはじめ、各種生活習慣病の予防のため、ビタミンEを意欲的に摂取してみてはいかがでしょうか。

 

ビタミンEが含まれている食品はどれ?

 

とくに含有量に優れているのはかぼちゃ、アスパラガス、ニラ、春菊といった野菜、ナッツ類、鮭やサバといった魚類、キウイなどの果物類です。

 

摂取する際の注意点ですが、抗酸化作用に優れているのが特徴のビタミンEではありますが、この栄養成分自体に酸化が起こりやすいという弱点があります。

 

そのため、なるべくビタミンCが含まれている食品と一緒に摂取すると、効率よくビタミンEを補給することができるでしょう。