ビタミンCで血液サラサラ

血液サラサラ効果が期待できる栄養成分の一つとして、ビタミンCを挙げることができます。ここでは、ビタミンCを摂るとどうして血液がサラサラになるのか、どんな食品に多く含まれているのかを解説しています。ドロドロ血液を解消し、健康な血液を手に入れたいという人は、参考情報としてお役立てください。

 

ビタミンCが血液をサラサラにするのはなぜ?

 

この栄養成分を摂ると血液がサラサラになるのは、コレステロールに作用するためです。ビタミンCを摂取すると善玉コレステロールがつくり出されるのが促されます。

 

善玉コレステロールは悪玉コレステロールを撃退し、動脈の掃除をおこなってくれるのが特徴です。以上のような作用がもたらされるため、ビタミンCを摂るとサラサラな血液へと導かれるというわけです。なお、血液サラサラ効果のほか、ビタミンCには血圧や血糖値の低下作用もあるといわれています。

 

ビタミンCが含まれている食品はどれ?

 

ビタミンCはレモン、グレープフルーツ、キウイ、オレンジ、イチゴ、アセロラといった果物類のほか、さつまいも、ピーマン、小松菜といった野菜類にも多く含まれています。

 

また、飲み物にも豊富に含まれているものがあり、緑茶を飲むと多くのビタミンCを補給することが可能です。

 

摂取時の注意点ですが、ビタミンCを摂ったあとは何時間か経過すると尿と一緒に体の外へと出ていってしまいますので、定期的に補給したほうが効果的です。