アルギン酸で血液サラサラ

血液をサラサラにしてくれる成分の一つとして、アルギン酸を挙げることができます。この成分がいったいどうして血液サラサラ効果をもたらしてくれるのか、どんな食品に含まれている成分なのかを解説しています。ドロドロ血液を予防したり、改善したいという人は、ぜひ一読してみてください。

 

アルギン酸が血液をサラサラにするのはなぜ?

 

血中コレステロールが多い状態だと血液がドロドロになってしまいますが、アルギン酸はこのコレステロールに作用します。アルギン酸が血中コレステロール低下作用をもたらし、その結果として血液サラサラ効果が得られるというわけです。

 

なお、アルギン酸には血中コレステロールの吸収を抑制して体外へと排出する作用のほかにも、血圧を低下させる効果もあります。そのため、高血圧の対策としても優秀な栄養成分であるといえるでしょう。

 

アルギン酸が含まれている食品はどれ?

 

アルギン酸は食物繊維の一種なのですが、とりわけ海藻類に多く含まれているのが特徴です。

 

わかめ、昆布、ひじきといった食品に豊富に含まれているのですが、わかめや昆布などのぬめりが実はアルギン酸なのです。なお、摂取する際の注意点ですが、これといってありません。

 

というのも、加熱調理で溶け出すような性質がないため、味噌汁などにして摂れば多くのアルギン酸を摂取することができるからです。比較的身近な料理でアルギン酸は摂れますので、サラサラ血液のためにも毎日積極的に摂るようにしましょう。