血液サラサラ 方法

血液サラサラとはどんな状態?

テレビをはじめとするメディアでよくサラサラ血液やドロドロ血液という言葉が使用されています。一度は見たことがあるという人は多いでしょうが、具体的にどういう状態なのかご存知ないという人もいることでしょう。

 

ここでは「血液サラサラ?どんな状態なの?」と疑問に感じている人のために有益な情報を提供していますので、興味のある人はチェックしてみてください。

 

血液サラサラの状態とは?

 

いわゆる血液サラサラとは、血液の流動性がよい状態のことをいいます。血液の中に存在する赤血球、白血球、血小板が円滑に流れており、健康的にも理想的な状態といえます。

 

サラサラ血液だとスムーズに酸素や二酸化炭素、栄養成分、ホルモン、老廃物といったものが肝臓や腎臓に運搬されて、体温の調節、細菌の補食なども正常におこなわれるのです。

 

ドロドロ血液になる原因は?

 

疲れやストレスが溜まっていたり、寝不足が続いていたり、タバコを吸っていることで、白血球がネバネバ、ベタベタになります。

 

また、糖尿病の患者の場合、赤血球の膜に血糖が影響することによって変形しにくくなって、赤血球の粘度が高まるのです。

 

そして、お酒を摂り過ぎることが多かったり、糖分の摂取量が多過ぎたりしていると、血小板同士がくっついたり、ネバネバしたりして、ザラザラした状態に変わってしまいます。これらのことが組み合わされることで、いわゆるドロドロ血液になってしまうのです。

 

ドロドロ血液だと何が悪い?

 

体の不調として女性に多い悩みである冷えが起こるほか、男女関係なく肩こり、疲労感といった症状が引き起こされますし、生活習慣病の原因にもなりかねません。生活習慣を改善し、サラサラ血液を目指しましょう。

更新履歴